大学進学で初めての一人暮らし!準備すること・費用は…?

そろそろ私立大学の推薦入試が始まり、年明けのセンター試験の準備も佳境に入ってる頃でしょうか?

高校卒業はウン年前……こんにちは、HFPの山本です…

 

さて、大学進学をきっかけに実家をでて一人暮らしをする方も多いかと思います。

一人暮らしで準備しなければいけないモノ!カネ!!

私の実体験も交えてご紹介します。

 

 

初めての一人暮らしで準備すべきこと

 

まずは部屋を決めましょう

一人暮らしをするうえで一番大切なもの…それはいわずもがな生活する「家」を決めること!

大抵はマンション・アパート等を契約するために不動産会社にいきますよね。

 

早めに申し込み、家賃発生は春までスライド可能な物件が多数あります!

理想のお部屋に出会うためにも早めに部屋探しを始めましょう!

 

引っ越し業者を選ぶ

部屋と引っ越し日が決まったら引っ越し業者を決めましょう。

たくさんの業者がいますが、一括見積サイトの利用が便利でしょう。

 

便利ですが・・・

申し込んだ瞬間一気に電話・メールが鳴りっぱなしになります・・・

 

ですので!私はサイトから見積もりを取る際、備考に「連絡はすべてメールでお願いします」と書きました!

それでも電話はなりますが、書かないよりは少なくなります。

その後訪問見積もりを頼んで、それ以外の業者は断りの連絡を入れました。

 

 

各種手続き

  1. 転居届
  2. 郵便物転送
  3. 電気・ガス・水道の契約手配
  4. ネット回線申し込み(必要なら)
  5. 銀行口座・クレジットカード等の住所変更
  6. 携帯電話の住所変更
  7. 進学先への届出    などなど…

たくさんありそうですが、転居届と学校への報告以外はほとんど電話かネットで手続き可能なので

経験上一気に進めてしまったほうが良いです。

何日かに分けると確実にめんどくさくなります。(経験談)

スポンサードリンク


引っ越しの費用は?

引っ越しは得てしてお金がかかるものですが、

進学も控えているし、なるべく費用を抑えられるに越したことはありませんね。

 

詳しい費用についてはコチラの記事をご覧いただくとして…

  • 敷金  (家賃の1~3か月分)
  • 礼金  (家賃の1~3か月分)
  • 退去時清掃料(水回り清掃料)
  • 火災保険料  (単身用なら15000円~30000円程度)
  • 前家賃
  • 仲介手数料  (家賃の1か月分)

ざっとこれだけのお金がかかります…

多く見積もると家賃の3~6か月分かかるかと思います…

このほかに家具に家電をそろえるのに20万円…

世の中のお父様・お母様はたいへんですね…!!!

 

不動産仲介店では、家賃の値下げや敷金礼金の交渉なども行ってくれるので

まずは頼んでみましょう。

 

しかし、もっと簡単に節約できる項目があります!

 

それは「仲介手数料」という項目。

 

マンションを契約する際、お部屋の紹介や契約のお手伝いをしてくれた不動産会社に

仲介手数料を支払います。

大体は家賃の一か月分です。

 

しかし仲介業者を介さないで、大家さんと直接契約すると

この「仲介手数料」は発生しません!

家賃1か月分が浮くと思うと大きいですよね?

 

 

そこでこんなサイトをご紹介。

札幌賃貸仲介無料情報

なんとコチラに掲載されている物件はすべて大家さんや管理会社が掲載しているので

仲介業者を挟まずに、直接契約することが可能!

 

もちろんHFPの物件も掲載中です!

 

そしてHFPでは、新生活応援キャンペーンとして

入居したその日から生活できる、家具家電プレゼントキャンペーンも実施中。

 

これで家電購入の費用も抑えることができます!

対象物件は限られていますので、お早めにお問い合わせくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です